手捻り、ロクロ実習から窯焚き、上絵、釉薬調合実習まで陶芸の全プロセスを集中的に学べる陶芸専門の学校

横浜いずみ陶芸学院

陶芸家へのプロローグ

陶芸家になりたい、陶芸教室を開講したい、陶芸の技術をより磨きたい、など目的はさまざまでも陶芸を生涯の目標とする方のための陶芸専門の学校です。
2004年に開校以来、経験豊富で優秀な講師の指導のもと、伝統工芸展をはじめ、さまざまな公募展にも入賞、入選者を輩出し、成果をだしてきました。
「陶芸が好き」という情熱を共有して、現在本学院では20代から60代までの幅広い年代の人たちが一緒に学んでいます。綿密なカリキュラムに基づいた集中実習と少人数制により、陶芸教室では学べない窯焚きはもちろん、釉薬の実習、絵付けの実習など、短期間(2年間)で陶芸の技術、知識が習得できます。
開校以来卒業生も100名以上となり,公募展入賞、入選、又各人が展覧会等を開き、陶芸界に地歩を固めつつあります。

インフォメーション

2022年度4月生募集要綱できました。
詳細は募集要綱のページをごらんください。

見学はいつでも可能です。(要予約)
   

資料請求及びお問い合わせ メール  izumitogeigakuin@izumi-togei.com
045(813)2402
pict
  • 外観

    外観

    相鉄線南万騎が原駅より徒歩7分
    卒業生の作品を展示販売できるギャラリーも併設されています。
  • 窯場

    窯

    窯は大型のガス窯、電気窯、テスト窯があり、酸化、還元などいろいろな焚き方ができます。
    窯焚きも実習します。
  • 教室

    教室

    電動ロクロは各自1台。
    自由に一日中使用できます。
  • ロクロ実習

    ロクロ実習

    学習期間2年間は自然に技術修得ができるようカリキュラムが決められています。
  • 講評

    講評

    各課題提出後は発表、講評が行われます。
  • 特別授業

    指導

    下絵、上絵、造形、釉薬、練り込みなどは専門の特別講師によるワークショップ形式の授業です。

日曜クラススケジュール

10月 11月 12月
3日、10日、17日、24日、31日 7日、14日、21日、28日 5日、12日、19日、26日
日曜クラスは専門コースの施設を使った一般の方のための日曜日のみのクラスです。
入会随時 体験歓迎 3500円 事前に予約お願いします。

詳しくは日曜コースのページをごらんください。
*日曜コースは上記日程のなかからお好きな日に受講できます。
*日曜コース一日体験(3500円)ご希望の方は上記日程より選んでご予約ください。
*5名以上での団体のお申込みはお一人3000円となります。045(813)2402
pict
卒業生等いずみ関係の展覧会情報
  • 二人展 冬ごもり
    荒井真澄×長崎豊子 陶展

    荒井・長崎

    11.29〜12.12 
    12:00〜18:00 (木曜休み 最終日は17時まで)
    Gallery 元町 045−663-7565
  • Deep Gorge Exhibition
    2021

    ろこ

    12.4〜12.12
    11:00〜19:00(水曜定休)
    John
    JR鎌倉駅より徒歩12分
  • 年越しのうつわ
    ふせはづき・松本充央 作陶展

    松本

    12月8日〜14日
    新宿高島屋10階 和食器
第55回女流陶芸展 入選
 伊藤智恵 (研)「あんな道 こんな道」
第50回全陶展

金子賢治賞 太田勇豪 (研)「離脱」

入選 伊藤智恵 (研) 「雨音を聴きながら」

    清水慶子 (研) 「花蕾皆具 春陽」
     
    許斐智佳子 (2年)「Shine」

太田勇豪

第68回日本伝統工芸展入選

林亜美講師 筒描淡彩器

佐藤美佳(5期生) 陶磁更紗練上鉢


第56回神奈川県美術展入選
太田 勇豪(研究生)
SALLY WANG(2年生)
久保島 利恵(31期生)
卒業生による「春の陶展」赤レンガにて開催
卒業生23名による「春の陶展」


春の陶展

第8回陶美展2021  入選 2名

小野 千鶴 練込組鉢 風霞

平賀 愛子 EdgeU


1月27日水〜2月2日火
日本橋高島屋S.C.本館6階美術画廊

陶美展拡大表示(別ウィンドウで開きます)

PageTop